社会科教師のブログ

中学校教師/社会/バレー部顧問/3年目/兵庫県/

帰りの学活・クラブの集合を締めたあと、その場からすぐに立ち去ってはいけない

「いつまで残ってたんだあの先生、早く戻って仕事しなよ」と思っていた。 去年まで、顧問しているクラブの集合が終わったら、生徒を門まで見届けず、すぐに職員室に戻っていた。ブラックと言われる学校現場、出来る限り時間を有効に使うためには、生徒と雑談…

授業時間の半分を復習に使ってみるのはどうだろう

ここ最近、授業がいまいち上手くいってない。その理由は ・自分自身の余裕のなさ ・内容の難しさ だと思う。内容が難しいことで、どう教えたらいいか分からなくなり、時間がなくなり、自分自身を追い詰めている。という状況だ。 そこで、ある本に書いてあっ…

ふつうの子にとって、社会科は難しい

初任で一年生の社会科を教え初めてここまで、ようやく三年の授業まできた。自分自身社会は得意だったから学生時代嫌になることはなかったが、教師となって社会科の難しさを感じた。 どこが生徒たちにとって難しいのか。二つだけ例を挙げる。 ○世界恐慌のペー…

日本人は全員筋トレをしろ

『筋トレが最高のソリューションである』を読んだ。 読みやすさ 5 独自性 5 面白さ 5 実現性 4 twitterにいるtestosteroneというアカウントが発するツイートをまとめ、少しずつ追加で筆者(アカウントと同じ)の解説を入れた本である。私は陸上の長距離を…

生産性をあげて、ハッピーになろう

「さる先生の「全部やろうはバカやろう」」を読んだ。とっても面白い。 読みやすさ 5 独自性 5 面白さ 5 実現性 5 満点である。多忙な学校教師の生産性を上げて、余裕を持った働き方を目指すという本である。この本のすごいところとして、よくある精神論…

スマホに向いていること・パソコンに向いていることを理解して、使い分ける。

生産的な趣味ということでいろいろ考えていたが、前回の記事では何もかもブログで解決するという思考になってしまった。 ただ、その記事を書きながら思った。 「そもそも、今スマホで文章を書いていることが生産的じゃない」と。 スマホのフリック入力ではス…

生産的な趣味少ないなあ

消費的な趣味と生産的な趣味ってなにがあるだろう。自分がやってることの中で分類してみた。 ○消費的な趣味 ・YouTubeみる ・お菓子食べる ・映画みる ・ラーメンを食べる ・彼女と遊ぶ ・ビジネス本を読む ・ランニング ・漫画を読む ・車の運転 ・野球観戦…

職場にいる時間を少なくする

職員室で仕事をするのは、結構効率が悪い。 ・無駄話に付き合わされる ・電話がかかってくる ・来客がある ・他の人を手伝わなければいけない場面ある ・周りの声のうるささ ・狭くて通りにくい空間 これらを考えると、かなり集中力を途切れさせるものがいっ…

目標までの動作を分析し、必ずできる方法を考える

なにかをやる際に、それを始めるためのスイッチ/引き金となるものを作ること。それが毎日習慣として物事を行えるようにする秘訣だ。 例えば 「3km走る」 →着替えて外に出る 「ブログを更新する」 →ブログのアプリを開く 「本を読む」 →本を持つ 「プロテイン…

「今日これをやらないと気持ち悪い」

「今日これをやらないと気持ち悪い」 これをいろんな分野に、高いレベルを維持することが必要だ。 例えば今私は「走らないと気持ち悪い」というレベルである。走らない日は何かモヤモヤするし、どんなに疲れていて帰っても、そのまま寝ることはしたくない。雨…